• ホーム
  • 痩せる薬の効果的な飲み方

痩せる薬の効果的な飲み方

痩せる薬はいくつもの種類があるので、飲み方も違いがあります。

とはいえ、どの薬でも共通する効果的な飲み方があるものです。
いくつか紹介しましょう。

まず、何より大事なのはその薬の飲み方を守ることです。

薬は食前、食後など、いくつか飲み方があります。
なかには食間といって、食事と食事の間に飲むという方法もあります。
また、寝る前に飲んだり、運動前に飲むのが良いという薬もあるでしょう。

飲み方については基本的には水かお湯で飲んでください。

飲み物との相性によっては効果が十分出てこなかったり、逆に効果が強く出すぎてしまうことも考えられるのです。
このため、飲むなら水かお湯が最も適切とされています。

ただし指定がある場合は例外です。
特定のドリンクと一緒に飲むと良いというものもあるでしょうし、普段の飲み物に溶かして飲む薬もあるためです。

また、できるだけ他の薬との併用は避けましょう。

これは他の薬との相性や成分との相性もあるので、こちらも同じく効果が強く出過ぎたり、効果が弱まってしまう可能性もあるためです。
同時に成分の過剰摂取による副作用を避けるためという理由もあります。

もし何らかの治療中だったり、薬を処方されて飲んでいる場合は医師か薬剤師に相談しましょう。

これも薬の相性をチェックしてもらうための大事なものです。
副作用が出るのは困りますから嘘をつかず必ず相談しましょう。

ただ、できれば持病がある間はあまり痩せる薬をのむのはおすすめできない、という考えもあります。
併用できないようなら痩せる薬は諦め、別の方法を考えるのが確実です。

最後に、痩せるための方法の一つと考えるというのもポイントではないでしょうか。

この薬さえ飲めば運動は必要ないというわけではありません。
中には頼りすぎないことが大事です。
薬を飲めば運動が苦手でも痩せられると考えるかもしれませんが、実際は食事の制限や運動によるカロリー消費や筋肉増量も大事なことです。

簡単にできるおすすめエクササイズ

基本的にこういった薬に頼りすぎないのはもちろん、運動してカロリーを消費することも大事なことです。
簡単にできるおすすめエクササイズをいくつか紹介しましょう。

ひとつはかかとを上げることです。
その場に両足を揃えて立ち、つま先立ちになります。
そのまま3秒キープしてかかとを下ろし、また3秒上げます。
この繰り返しを行うことで、足に筋肉がつくと同時に、細くスッキリした足になりますよ。

中には通勤時間で電車に乗るあいだだけつま先立ち、という人もいます。
これも足の筋肉を鍛える、良い方法でしょう。

ただじっとしているより、ストレッチによって体を柔らかくし、基礎代謝を高めるのも方法です。

ストレッチは様々な方法がありますが、足首・手首を回したり、前屈や開脚など、体の中の大きな関節をちょっと伸ばすだけでも違います。
コツは、気持ちいいくらいまで伸ばすことでしょう。
無理をして怪我をしないように気をつけてください。

もし動けるのなら階段昇降を使いましょう。
階段は高さの違いがありますので、体を鍛えるのにはおすすめです。
これは普段使っているエスカレーターやエレベーターを階段に変えるという方法が一番簡単になるでしょう。

もしエクササイズを本格的にやりたいというのなら、スポーツジムに行くのもおすすめです。
スポーツジムは有酸素運動用のマシンや筋トレマシン、大きいところだとプールで水泳もできたりします。
こういった施設を使うのも方法ですが、ジムのダイエットプログラムの中にはしっかり動けるエクササイズもあるのです。

ジムならば、誰とも競うことがないので運動が苦手な人でも大丈夫でしょう。
また、水泳で少しでも距離を長く泳げたり、筋トレマシンで少しずつ負荷を上げていくのも良い方法です。