• ホーム
  • 夏までに10キロ痩せたいならまず有酸素運動を始める

夏までに10キロ痩せたいならまず有酸素運動を始める

運動している女性たち

寒い季節は外で運動する機会が少ない上に、クリスマス・年末年始といったイベントが多いため摂取カロリーもオーバーしてしまいがちです。
久しぶりに体重計に乗ってみると体重が大幅に増えていた、という苦い経験をした事のある人は多いはずです。

夏は肌を露出する季節で、薄い衣類が多いのでスタイルが一目で分かります。
夏になってから「10キロ痩せたい」と切実に思っても短期間で元に戻せるわけではありません。
健康的に10キロ痩せ、美しく引き締まった体を取り戻すためにはまず有酸素運動を始める事がおすすめです。

有酸素運動とは体に酸素をしっかり取り込みながら、軽い負荷がかかる運動を長時間かけて行うことです。
時間の目安は20分以上とされています。
なぜ20分以上が必要かというと、開始から20分までは糖質(グリコーゲン)を主なエネルギーとして消費し、20分以降に脂肪の燃焼が始まるからです。
20分間、継続する事が難しい方は10分運動して10分休む、というメニューの繰り返しでもかまいません。
休んでいる間にも脂肪の分解は始まっているからです。

では強度はどれくらいがいいのでしょうか。
有酸素運動はしっかり酸素を取り込むことが重要です。
あまりにハードな運動をすると、呼吸があがり、十分な酸素を取り入れることができません。
会話や景色を楽しみながら続けられる程度の強度が脂肪燃焼にピッタリの運動だといえるでしょう。

ただし、有酸素運動であるかどうかは人によって変わってきます。
ある人にとっては楽に行える運動が、ある人にとっては負荷がかかりすぎ酸素を十分に取り込めない状態をつくります。
酸素が脂肪と結びつく反応で、脂肪を燃焼する働きが生まれます。
それぞれに適した運動を選ぶ事が体重を減らすための重要なポイントです。
自分ではちょうどいい強度や時間が分からない、または自己流でやってみたが効果がない、という方はパーソナルトレーナーの指導が受けられる施設を探してみるのも良い方法です。

習慣にしやすい、おすすめ有酸素運動

10キロダイエットするなら、カロリー消費に優れた有酸素運動の中でも、より脂肪燃焼にすぐれ、長く続けられるメニューが適しています。
それと平行して筋トレを行えば、筋肉量を増やす事でより代謝を高める事ができる上に、引き締め効果もプラスされ10キロを目標とするダイエット効果は上がります。

ジョギング、水泳、ダンスなどは一番カロリーを消費し、ダイエットに相応しい有酸素運動ですが、水泳は長く泳ぎ続けられる泳力が必要となります。
ダンスは楽しく続けることは可能ですが、動きについていけなかったり、苦手な方も多いでしょう。
そういう面ではジョギングが一番気軽に始められ、効果の高い運動と言えます。
室内では階段やステップを利用した踏み台昇降がお勧めです。

わざわざ運動すると、疲れたり飽きたりしてしまう事もしばしば。
そうならないためには日常生活の中に有酸素運動を取り入れる習慣をつくることが必要です。
通勤・通学、買物などの移動時間を利用したウォーキングや自転車は最適です。
一駅分いつもより長く歩いたり、遠回りすることで距離と時間を稼ぎ、消費するカロリーを増やす事が出来ます。

テレビを見ながらの運動もお勧めです。
バランスボールなどのストレッチ運動は体のラインを引き締めたり柔軟性を保つ効果が期待できます。
水の入ったペットボトルなどを上げ下げしたり、座っている際に腿を持ち上げたり筋トレで、代謝が上がり痩せやすい体を作る事ができます。

夏までに10キロ痩せたいという気持ちは分かりますが、その目標に到達するにはそれなりの時間が必要です。
急激に無理なダイエットを行えば健康を損なうリスクが生まれ、あなたの美しさにも悪影響が出るかもしれません。
摂取カロリー、有酸素運動、筋トレなどバランスの良いダイエット計画を立てることが重要です。